美しいアコヤ真珠の選び方〜「テリ」と「干渉色」は美しさの要〜

こんにちは!

すっかり秋めいて来ましたね。
私事ですが先ほど妹と幼馴染が
お店を訪ねてくれ、ランチをどこで
食べるかを散々悩んでお店を後に
していきました。食欲の秋も到来です。(笑)

さて、本日お客様よりご依頼
頂いていた無調色のアコヤ真珠
ネックレスが入荷しました♪

「テリ」(輝き)がとても美しい〜(*^0^*)

img_2285

せっかですのでアコヤ真珠の
お話しをしたいと思います。

真珠は「その真珠が採れる母貝の種類」によって
名前がつくのですがその代表が冠婚葬祭など身に
着けられる機会が最も多い「アコヤ真珠」です。

 

母貝であるアコヤ貝はあまり大きくないので
アコヤ真珠は一般的に最大で10mm、
8mm以上あれば大粒だと言えるでしょう。
真珠写真

色は白を基調として「ピンク系」「グリーン系」と
いった基本色の他に「ナチュラルグレー」と呼ばれる
グレー系の物もあります。

アコヤグレー画像A

 

アコヤ真珠の評価の基準は

①大きさ(直径)

②形

③キズ

④「テリ」(輝き)

⑤巻き

⑥色

の6つの項目を複合的に見て決められます。

 

〜中でも「テリ」と「干渉色」が美しさの要

真珠テリ比較画像2上の写真は、アコヤ真珠の高品質なものと
そうでないものを並べたものです。

明らかに左の方が美しいことは
お分かりいただけますね。
この違いは真珠の「テリ」(輝き)
「色」(干渉色)の差によるものです。

 

真珠は電子顕微鏡で拡大すると「真珠層」
呼ばれる炭酸カルシウムがブロックの様に
重なり合って出来ており、この「真珠層」の
厚みを「巻き」と呼びます。

 

この層がきめ細やかで緻密に積み
重なっているほど真珠の透明感と
輝きが生まれ「テリ」(輝き)がよくなり
幾層にも重なった真珠層を光が
通り抜けて行く時、空に虹が出来るのと
似た現象で内側からピンクとグリーンの
色が浮かび上がります。

これを「干渉色」といい、真珠層が緻密に
重なっているほど「テリ」(輝き)が強く
「干渉色」もはっきりと出ます。

 

逆に真珠層が不揃いであればテリも
干渉色も弱くなり写真の右の珠の様に
ぼやけた印象の真珠になるのです。

上の写真をもう一度ご覧頂くと左の
真珠は「テリ」が強く中央にグリーン、
その外側にピンク色が浮かび上がっているのが
わかりますね。これが「干渉色」です。

この違いは少し見慣れて頂けると
どなたでもすぐにわかるように
なりますよ。

 

くれぐれも巷で氾濫している
まるで美しい真珠を指すかの様な
*「花珠」という言葉には振り回され
ませんように。

 

*花珠にはダイヤモンドの4Cの様に
統一された明確な基準はありません。
「花珠真珠」と呼ばれる中でも品質の差が
とても大きいのです。

 

アコヤ真珠の魅力は透明感のある
美しい「テリ」(輝き)と真珠の内側から
わき上がる「干渉色」にありますので
言葉ではなくご自分の目と心の目で見て
素直に「テリ」(輝き)「干渉色」
美しいと思うアコヤ真珠を選ぶことが
とても大切です。

 

次回はとても珍しい無調色のアコヤ真珠に
ついてお話しします。

 

ナカニワ ファインダイヤモンド(仲庭)

住所:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11−4−100
大阪駅前第4ビル1階34号(御堂筋側)

電話:06−6131ー8451

営業時間11:00~20:00 毎週水曜定休日

ホームページ: http://nakaniwa-diamond.com/

大阪駅前第4ビル地下駐車場(有料)あり
大阪 梅田 結婚指輪 婚約指輪 ダイヤモンド マリッジリング 真珠