受け継がれたダイヤモンド立て爪リングの作りかえ

こんにちは!
昨日は定休日でしたので朝から
ワールドベースボールクラシック2017の
日本vsアメリカ戦を観戦しました。

残念ながら1−2とあと一歩及ばずでしたが
高校野球の様に負けると後がない緊迫した中で
日の丸を背負って戦う侍ジャパンの選手の皆さんの
懸命なプレーには応援していて胸が熱くなりました。
選手の皆さん、監督・コーチの皆さん本当に
お疲れ様でした。
本音を言えばプロ野球シーズン中なら敵となる
選手の方々が活躍するとちょっと(いや、かなり?)
複雑な心境になるところもあったので(苦笑)
次回のWBCや東京オリンピックの時にはタイガースの
野手陣が一人でも多く日本代表に選抜されて
活躍してくれることを願っています。(*^0^*)

と、長い私事になりました、すみません。^_^;

 

さて先日、
お祖母様とお母さま、それぞれから
プラチナ台の立て爪のダイヤモンドリングを
譲り受けられたお客様がリフォームの相談に
いらっしゃいました。

ダイヤモンドを留める爪が大きく角張った
攻撃的な(^^;このフォルムは20年から
30年ほど前に日本の中だけで流行したデザインです。

時代を感じさせますし、実際に着けていても
引っかかって、着け辛らさを感じて
そのままなさってらっしゃる方は少なく、
大抵はしまったまま(タンスの肥やし)に
なってしまうか、ジュエリーのリフォームを
してあらためて着けるようにするかになります。

今回こちらの写真の指輪ともう一点同じ立て爪の
デザインでもう少しダイヤモンドが小さい指輪も
お持ちでどちらも「着けやすくしたい」との
ご要望でしたので、

大きなダイヤモンドをシンプルな指輪に
小さなダイヤモンドをシンプルなペンダントに
デザインの作りかえをさせて頂くことに
なりました♪

出来上がりは約一ヶ月後。
お祖母様とお母様の「孫・娘に譲ってあげたい」の
お気持ちを大切にまた新たなジュエリーに
生まれ変わって来ることをお客様も
「楽しみにしています!」とのことでした。

ジュエリーの良いところは宝石を生かして
新しい形に、アイテムに、作りかえが出来る
ところです。
どんなデザインに出来るのかももちろんですが
そもそも「リフォームする価値はあるの?」と
思っていらっしゃる場合でもお持ちのジュエリーを
拝見してリフォームがおすすめかそうでないかの
アドバイスもさせて頂きますので、
お気軽にご相談下さいませ。(*^0^*)

 

NAKANIWA Fine Diamond(仲庭)

住所:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11−4−100
大阪駅前第4ビル1階34号(御堂筋側)
電話:06−6131ー8451
営業時間11:00~20:00 毎週水曜定休日
ホームページ: http://nakaniwa-diamond.com/
大阪駅前第4ビル地下駐車場(有料)あり
大阪 梅田 結婚指輪 婚約指輪 ダイヤモンド マリッジリング