「4Cに振り回されないで」美しいダイヤモンドを選ぶには?

こんにちは!

昨日は「ダイヤモンド・エンゲージリング
選び方」デザイン編をお話しさせて頂いたので
その続き、今日は「美しいダイヤモンドを選ぶには?」
です。^^


婚約指輪を選ぶためにお店に行くと、
必ず詳しく説明されるのが「4C」
というダイヤモンドの品質基準だと思います。

ご存知ない方の為に簡単にご説明すると、
ダイヤモンドはその希少性を

色(カラー color)

透明度(クラリティ clarity)

重さ(カラット carat)

研磨(カット cut)

という4つの基準で等級づけされます。
それらの頭文字がいずれも「C」であることから
「4C」と呼ばれています。

実際に婚約指輪を選んでいる方の多くがこの
「4C」で

「どのぐらいのグレードのダイヤモンドを選べばいいのか?」
と悩んでいらっしゃることでしょう。

実はこの「4C」の基準によってダイヤモンド
美しさがわかるわけではありません。

それよりも磨かれる前の原石そのものが
クリアで透明感のある理想的な結晶で
あったかどうかが研磨されたあとの
ダイヤモンドの美しさを握る鍵になるのです。

(写真はダイヤモンドの原石です)

そもそも「4C」採れる数が多いか少ないかの
希少性を表すものであってダイヤモンド
美しさを表す基準ではありません。

細かいことは長くなるので店頭で直接ご説明させて
頂きますが(ですのでぜひお店にお越しください(笑)
簡単に言うと、細かい「4C」の違いで悩む必要は
ありません。

 

では何を基準に選べばいいのか?

・・・それは「お店」と「店員さん」です。
私達が宝石を売買するバイヤーの間に
『宝石は「何を買うか」より「誰から買うか」が重要』
という言葉があります。

知識が豊富で押しつけがましくなく、
親身になってくれるお店・店員さんを選ぶことが
大切です。

ダイヤモンドを選ぶ際は是非ご自身の目を頼りに、
信頼できる店員さんのアドバイスと、
どちらか悩んだ場合はカラット優先で選ばれると
いいと思いますよ!

くれぐれも、4Cの説明ばかり一生懸命で
「DカラーのVVS1の3EXだから綺麗ですよ~(ニッコリ)」
(採れる数が少なくて希少性のあるグレードなんですよが正解)

なんて言う店員さんに言いくるめられないように
しましょうね。(笑)

プロでさえそうなのですから、みなさんが買われるときは
より一層のこと。

「4C」はダイヤモンドの採れる数が多いか少ないかの
希少性の等級であって「美しさ」を表す基準では
ないことを覚えておいて下さいね。^^

NAKANIWA Fine Diamondでは
「4Cに振り回されない」美しいダイヤモンドの
婚約指輪の選び方をわかりやすくご説明させて
頂いております♪(*^0^*)

 

ブライダルリングのお下見はご来店予約を
頂きますとよりスムーズにご覧いただけます。

ただ今ナカニワファインダイヤモンドでは
ブライダルリングのお下見ご来店予約の上、来店
下さったカッル様にキュートなジュエリーBOXを
プレゼント中♪(*初来店限定特典です)

ご来店予約&お問い合わせ
TEL 06−6131−8451
Mail info@nakaniwa-diamond.com
までお気軽にどうぞ☆(*^0^*)


NAKANIWA Fine Diamond(仲庭)

住所:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11−4−100
大阪駅前第4ビル1階34号(御堂筋側)
電話:06−6131ー8451
営業時間11:00~20:00 毎週水曜定休日
ホームページ: http://nakaniwa-diamond.com/
大阪駅前第4ビル地下駐車場(有料)あり
大阪 梅田 結婚指輪 婚約指輪 ダイヤモンド マリッジリング